新着情報

2021.9.14財産分与の対象になる・ならない財産

離婚後に財産分与の対象となるのは、婚姻期間中に夫婦の協力によって形成された財産で、これを「共有財産」といいます。
 例えば、離婚後に夫の収入で土地建物を購入し、夫の単独名義になっている場合でも、妻が家事等を分担して夫を支えていたときは、その土地建物は、実質的には夫婦の財産といえると考えられます。

共有財産には、主に以下のようなものがあります。

・不動産(土地・建物など)

・現金・預貯金
・有価証券(株式・国債など)、投資信託・家具・電化製品
・自動車
・金銭的価値の高い品物(骨董品・絵画などの美術品・宝石・着物など)
・ゴルフ会員権など
・保険料(自動車・生命・損害・学資保険など)
・退職金・年金
・負債(住宅ローン・子どもの教育ローンなど)

一方で、夫婦それぞれの個人的な財産とみなされるもの(これを「特有財産」といいます)は、たとえ婚姻期間中に取得したものであっても、財産分与の対象にはなりません。

特有財産には主に以下のようなものがあります。

 ・婚姻以前にそれぞれが取得した財産(負債を含む)
・それぞれの家族等から贈与・相続した財産
・趣味・浪費・ギャンブルなどで作った個人的な借金
・別居後に各々が取得した財産

*******************

のじま行政書士事務所

行政書士 野嶌 孝文(のじま たかふみ)

〒192-0051

東京都八王子市元本郷町4-4-24

TEL:042-686-0323

携帯:090-6039-4817

e-mail:info@nojima-gyosei.jp

URL:https://sanpai.nojima-gyosei.jp/

https://www.nojima-gyosei.jp/

http://souzokusoudan-center.com/

*******************

一覧に戻る
お気軽にご相談ください 0120-114-669

ページトップへ